中国ASME SA-106 / SA-106M-2015炭素鋼管メーカーとサプライヤー| ゴールドSanon
  • ページ-banner2
  • ページbannner

ASME SA-106 / SA-106M-2015炭素鋼パイプ

簡単な説明:

高温に適した高温動作のASTM A106用シームレス鋼管、


製品の詳細

よくある質問

商品のタグ

概要

標準:ASTM SA106

グレードグループ:GR.CなどGR.A、GR.B、

厚さ:1〜100ミリメートル

外径(ラウンド):10〜1000ミリメートル

長さ:固定長またはランダムな長さ

断面形状:ラウンド

原産地:中国

認証:ISO9001:2008

 

合金かどうか:ありません

アプリケーション:流体配管

表面処理:顧客の要件として

テクニック:ホット圧延

熱処理:アニーリング/正規化

特殊パイプ:高温

使用法:建設、流体輸送

テスト:ECT / CNV / NDT

応用

高温に適した高温動作のASTM A106用シームレス鋼管、

主なグレード

高品質の炭素構造用鋼のグレード:GR.A、GR.B、GR.C

ケミカルコンポーネント

 

作曲、%
甲種 グレードB グレードC
カーボン、最大 0.25A 0.3B 0.35B
マンガン 0.27から0.93 0.29から1.06 0.29から1.06
リン、最大 0.035 0.035 0.035
硫黄、最大 0.035 0.035 0.035
シリコン、分 0.10 0.10 0.10
クロム、MAXC 0.40 0.40 0.40
銅、MAXC 0.40 0.40 0.40
モリブデン、MAXC 0.15 0.15 0.15
ニッケル、MAXC 0.40 0.40 0.40
バナジウム、MAXC 0.08 0.08 0.08
特定の炭素最大0.01%以下の各々削減するため、指定された最大値を上記0.06%マンガンの増加は、1.35パーセントの上限まで許可されます。
B別段購入者によって指定されない限り、特定の炭素最大0.01%以下の各々の削減のために、指定された最大上記0.06%マンガンの増加1.65%の最大まで許可されます。
合わせたCこれらの5つの要素が1%を超えてはなりません。

機械的特性

甲種 グレードB グレードC
引張強さ、分、PSI(MPa)と 48 000(330) 60 000(415) 70 000(485)
降伏強度、分、PSI(MPa)と 30 000(205) 35 000(240) 40 000(275)
横の 横の 横の
である。(50ミリメートル)、2分の伸び、%
基本最小伸び横ストリップ試験、フルセクションで試験されたすべての小さなサイズのために
35 25 30 16.5 30 16.5
場合は、標準的なラウンド2 - インチ (50 mm)のゲージ長の試験片が使用され 28 20 22 12 20 12
縦方向のストリップテスト用 A A A
横ストリップ試験のため、各32分の1-で控除。 (0.8 mm)の中に5/16の下壁の厚さの減少(7.9ミリメートル)以下の割合の基本的な最小伸びから作られなければなりません 1.25 1.00 1.00
2の最小伸び(50ミリメートル)以下の式によって決定されなければなりません。:
E = 625000A 0.2 / 0.9 U
インチポンドの単位のため、および
E = 1940A 0.2 / 0.9 U
SI単位のため、
ここ
。(50 mm)で、%2でE =最小伸び、最も近い0.5%に丸め、
指定された外径または名目に基づいて、Aは、引張試験片の断面積=平方インチ(MM2)外径または名目試料幅と指定された壁の厚さを指定し、最も近い0.01平方インチ(1平方ミリメートル)に丸め。 (このようにして算出面積に等しい又は0.75平方インチ(500平方ミリメートル)より大きい場合、値0.75平方インチ(500平方ミリメートルは)。使用されるもの)、および
Uは、引張強さ、PSIさ(MPa)を指定します=

テスト要件

化学組成および機械的特性を確保することに加えて、水圧試験は、一枚ずつ行われ、フレアや平坦化テストが行​​われます。 。 また、完成した鋼管のミクロ構造、粒径、及び脱炭層のための特定の要件があります。

供給能力

供給能力:ASTM SA-106鋼管の1ヶ月あたりのグレード1000トン

パッケージング

バンドルには、強力な木製の箱には

配達

7~14日在庫切れの場合、30〜45日の農産物へ

支払い

視力で30%depsoit、70%L / CまたはB / Lコピーまたは100%のL / C

製品の詳細


  • 前:
  • 次:

  • ここにメッセージを書いて、私たちにそれを送ります